素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

ケッシュ財団とレスリング五輪除外

   



   ケッシュ財団の技術開示はその後どうなったのか?
   あまりフォローしていなかったが、PR動画が作られている。



   
   医療や反重力装置、環境についてのプロモーションが中心でフリーエネルギーや放射能
  除却については紹介されていないようだ。(日本政府に放射能除却についての技術を渡し
  たという動画もあるが)
   ケッシュ財団はNPO法人で世界中どこの国にも公平、公正にこれら先端技術を開示す
  ると言っているが・・・・・。
   何たってこの財団はオランダ ⇒ ベルギーと本部が移っているのですから。


   この件はひとまず置くとして、レスリングが2020年開催のオリンピック種目から除外
  された。第1回大会からの伝統競技がなぜ?
   人気がイマイチで放映権が安いからとか、日本柔道界の暴力、パラハラのとばっちりだと
  か言われているが、ベタにこの種目、日本人がメダル量産するから気に入らないだけ、
  すなわち日本叩きではないかな。
   除外種目から復活種目にカウントされているのは既に除外された野球・ソフトボールの
  ほか空手も含まれているよね。テコンドーは除外種目にならないのに空手が外れるって!
   世界中の競技人口から言ったらテコンドーより空手の方がはるかに多いだろうよ。
   もうミエミエだな。
   石原暴走老人が前回のオリンピック招致でヨーロッパの貴族にやられたと言った。
   IOC会長一度やったらタマランチ、彼ら“ IOC貴族“ は貴族そのものでなく
  もその背後には本物の貴族がいる。
   一応、世界からメンバー集めるようなフリしても結局、日本人はメンバーに入れてもら
  えなかったりする。日本人は入れてもらえないと言うと何か思い出しますね。
   ビルダーバーグ会議であります。
  この会議には当時世界第2位の経済力を持っていたにもかかわらず日本人は誰も参加さ
  せてもらえませんでした。ロックフェラーは日本人も加えたかったらしいですが、彼ら
  欧州貴族に強硬に反対されたことからこれとは別に日本人も加えた3極委員会が出来ま
  した。
   ビルダーバーグ会議の元議長はエティエンヌ・ダヴィニオン子爵。
   彼はベルギー人でトヨタのレクサスのヨーロッパでのブランディング戦略の顧問です。
   南米にも顔が効くようですからサッカー「TOYOTA CUP」にもおそらく一役
  買っているでしょう。一説によると彼はサタニストとも言われますが、彼の顔写真を見  
  た時、私は「何て冷たい目しているんだ!義眼か!」と思ったほどでした。
   そんな彼の子分がわんさかいるであろうベルギーに本部を置くケッシュ財団はどうも
  信用できない。


   まるで大学の授業のようだった先日の石原暴走老人の代表質問だったが、
  「はやぶさ」 を引き合いに出して日本の先端技術の積極活用を説いた。
   この点に関しては暴走老人にも共感できる。
  暴走老人の質問に答えて麻生副総理は、「はやぶさ」が帰還した際、その技術につい
  て米国から問い合わせがあったと明言した。
   「はやぶさ」に代表されるように何をしでかすかわからない日本の技術が彼らは目障
  りだし、恐れすら感じているだろう。

  
   ケッシュ財団の件に戻ると、日本がメダル量産する競技をオリンピック種目から除外 
  するように放射能除去技術、フリーエネルギーなどの日本の技術が世界をリードする
  ことが彼らにとっては許し難いことではないか。その前にケッシュ財団でヘゲモニー
  を握って新技術を普及させる。NPO法人が無償供与と言ってもアテになるもんか。
   レスリング、空手、野球・ソフトボールをオリンピック種目から外そうとする連中と
  つながるのだろうから。
  
   TPP参加に前のめりな連中はどこかでTPPがスタンダードになることから、
  さっさとルールづくりに参加すべしと考えている。IOCにすらメンバーに加えてもらえ
  い日本がどうして自国に有利なルール、スタンダードづくりできるだろうか?
   露骨に不利、壊滅的打撃を回避するルールづくりが生一杯ではないのか。
   いい加減目覚ましたらどうだ!

   女子スキージャンプでは高梨選手が活躍しているが、「(彼らから見たら)あんな
  子供みたいな子に負けるなんて許せない!」とまたぞろレギュレーション変えられや
  しないだろうか?
   









スポンサーサイト

スポーツ | コメント:0 |
<<安倍首相の顔がますますアシメトリーになる日 | ホーム | 中国の「三戦」 後編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |