素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

安倍首相の顔がますますアシメトリーになる日

   



   高須クリニックの高須克弥先生によると、安倍首相の顔はアシメトリー(左右非対称)で、
  特に右側の顔が年の割に老化が進んで垂れているのだという。
   平たく言うとストレスが原因だそうだが、新薬でお腹の具合はよくなっても顔は正直なの
  だろう。

   さて、ご存知のように「中国艦船のレーダー照射事件」は2度あり、発表までかなり時間
  がかかった。1回目は1月19日で、事実上の特使、山口公明党代表と習 近平国家主席
  の会談をおもんぱかって差し控えられたようだ。
   「何だ!何の反応、発表もしないのか!じゃもう1発やってやれ」と思ったかどうかは知ら
  んが、中国艦船が1月30日、2度目のレーダー照射事件を起こした。
   中国との関係修復に重きを置いていた安倍首相に対して防衛省が民主党政権のように
  問題をうやむやしてもらっては困るとレーダー照射事件発表の後押しをしたと言われる。
   もっとも軍事と外交は相反することも少ないのであって、外交評論家・天木直人の見解は
  防衛省とは真逆だ。

    「外交上、先に威嚇してきた中国の方が不利な状況にあった。そして、公表
     しても今のように、『 やった 』 『 やっていない 』の泥試合になるのは見え
     ていた。それなら、極秘裏に中国側と話をして事態を封印することによって
     中国に貸しをつくり、日本側に有利な形で交渉を進め、尖閣問題で緊張が
     高まっている事態を回避することもできた。そういう外交を目指すべきでした。」

                        ~ 週刊ポスト 3月1日号 ~


   前回首相時、安倍総理は「アベはムーニスト」とチェイニーら米国政権に警戒された。
   結局、安倍首相は「靖国」を声高に叫ぶ若い衆の期待を裏切る「転向」を余儀なくさ
  れた。
   どうも米国民主党政権は短期的には日中戦争を望んでいないようだ。
   一方、文春、新潮らCIA御用達メディアはこれでもかと日中戦争を煽っている。
   つまり、中長期的には日本の防衛費増大 ⇒ 財政圧迫を目論んでいるのだろう。
   オバマ政権が日中戦争を望まなくても、さんざん危機を煽って安倍首相訪米の際、
  カタオチの米国製兵器の商談へと持ち込む腹づもりと思われる。
   
   対米従属路線を僅かでも打ちだして支持を取り付け総選挙を勝ち抜いたわけでもなく、
  「武器を使わない、見えないクーデター」(= 不正選挙)で政権奪取した安倍首相は
  防衛省に大きな借りがあると推察される。
   やはり「属国」の真ん中で「強い日本」と叫んでみても空念仏でしかないのだ。
   厳しくても虎の尾を踏まないように抜き足差し足で身をかがめて漸進するしかないのだ。
   
   自民党の大多数はTPP参加に反対だ。 
   これをさして「相変わらず古い自民党」とか「改革できない自民党」とか言う若い
  政治家もいるが、そんな彼らにはもう一度、黒澤明の「椿 三十郎」を観てもらいたい。
   彼らのいう古い自民党 ≒ 伊藤雄之助演じるうだつの上がらない家老こそタヌキおやじ
  のようで的確に危機を察知し、したたかに事態を切り抜けようとしているのだよ。
   「古い自民党」とか言っている若き政治家って、「椿 三十郎」でいえば加山雄三、
  田中邦衛、平田昭彦、土屋嘉男以下、椿 三十郎(三船敏郎)に「お前ら、危なかっしくて
  見てられない」と罵倒される「直角侍」ではないか。
  
   チト、脱線したが、自民党内のTPP推進派は小泉進次郎ら30数名だと言われる。   
   (頭数を集めるため事実上の小泉派の旗上げに80数名参集したのか?)
   対中国で日米同盟の回復・強化をアピールしたい安倍首相にしたら、訪米でオバマ
  に何らかの「手土産」を用意しないといけない。
   オバマ大統領にTPP参加を強く要求されたらどうするつもりか。
   TPPがダメなら日米FTAを逆に日本から主張したらとかいうエコノミストがいる。
   とんでもない!そんなことできるならさっさとやっているでしょ。
   アメリカ、いやかの国の1%が望んでいるのは自由貿易、いや経済事象に限らない
  日本そのものの「構造」を「改革」( ⇒ 解体)してしまうことなのだから。

   お腹の具合は新薬でなんとかなっても安倍首相の顔がますますアシメトリーとなる
  日が近づいている!?

                    
  




スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<国会でオーランチオキトリウムについて質問されました。 前編 | ホーム | ケッシュ財団とレスリング五輪除外>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |