素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

安倍首相TPP参加表明(TPPは闇鍋!) 後編

   



   さて、通常「帝国」の「属国」への要求はきつくても、あくまで「帝国」の国益、繁栄に資
  するものであります。
   ところがこのTPPどうも事情が違う。
   米国議員も事情に疎く、TPPを管轄する上院通商小委員会の委員長・ロン・ワイデン上院
  議員すら不案内でTPPの情報が入らないから、それを閲覧するための法律を提出したと伝
  えられる。(過去記事「TPP導入後は『 映画カイジ』の世界に通じる!?」 参照)
   かかる事情を裏づける昨年のこの動画を今一度観ていただきたい。

 


   抜粋するとこんな具合だろうか。

    ○ 表向きは「貿易協定」ですが、実質は企業による世界統治(Global Government)  

    ○ 全26章のうち貿易関連は2章のみ

    ○ 国や国民のためではなくグローバル企業のための協定がTPP
     (約600人の企業顧問はTPP情報にアクセスできるのに米国の議­員は
      できない)
 
    ○ 自国の法律よりTPPが優先

    ○ 外国の投資家が­TPP条約を盾に米国政府に民事訴訟を起こし、国内規制が原因で
      ­生じた損害の賠償を請求できる(ISD条項か)

    ○ セメント、一度固まってしまえば参加国すべてが賛成しないとくつがえせない

    ○ TPPは地方行政にも干渉し地域産業に優先する
      地産地消や国産品愛好は許されない

    ○ TPPは、「1%」が私たちの生存権を奪う­ツール 

   今さら言わずもがなだが、これを観ると改めて日本のマスゴミが「貿易」だの「経済」
  の事柄にTPPを矮小化、隠蔽している様はもはや「国賊」を越えて「犯罪者」と言いた
  いくらいだ。(それはかいかぶり過ぎで彼らマスゴミはホントに知らんのかもしれない)
   それになぜ財界がTPP賛成なのかもわかった。
   単にビジネスチャンスが増えるだけでなく投資対象国の法律、規制で自社に不利益と
  なればその国を提訴して損害賠償請求できるからだ。
   まさか米国相手にそんなことする度胸はないだろうが、オーストラリア、ニュージー
  ランド等を訴訟相手とすることは可能だろう。
   (そもそも日本輸出企業にかかる関税など円安でもう吹っ飛んでいるはずだ)

   知的なつもりの知識人が「陰謀論にはまったらお終いだ」とどんなに陰謀論批判して
  も全く虚しいことが白日の下に晒された。
   グローバル企業、ビルダーバーガー、イルミナティー、どういう名称でもいい、
  彼らが陰で共同謀議していることはもはや誰にも否定できない。

   その典型がTPPだ。(「陰謀」、「共同謀議」、この際、名称はどうでもいいでしょ)

   もっとも財界はうまそうな鍋があるから我々もつついてみましょ、くらいのつもりか
  もしれない。
   でも、その鍋は「闇鍋」ですよ~ 。
   鍋に浮いている具とスープは美味しくても底の方は人の指や汚物、吐しゃ物が入って
  いるかもしれないよ~ 。
   どんなにうまそうでも「闇鍋」を囲んではいけない。
   「闇鍋」の鍋奉行になっても何の意味ない。

   しかし・・・・・。
   このTPPもはやどうにもならないのだろうか?
   以前、「食品安全近代化法」に関してベンさんに質問した際、

   「可決しても施行できない。
    (サバタイ派が)総崩れになって意味をなさなくなります。」

   と回答していた。
   
   そうは言っているのだがTPPはどうなのだろうか?
   望みがあるとしたら、それしかない。
     
                      (了)
   
   






スポンサーサイト

政治 | コメント:0 |
<<だからさ、「規制撤廃」で「規制強制」なのよ、TPPは! | ホーム | 安倍首相TPP参加表明 (TPPは闇鍋!) 前編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |