素晴らしき放浪者の戯言

100年に1度の世界の大転換、50年に1度の日本の政権交代を見届けるブログです。 政治、経済、メディア、都市、映画etcの各分野を放浪しつつ 時たま核心に迫ります。

週刊ニュースアラカルト

    



    今回はアットランダムに最近のニュースをピックアップしましょう。

    【渡辺 謙 不倫報道は偶然か?】

     俳優・渡辺 謙氏の不倫が報じられた。
     当ブログは芸能ブログではないことから基本関係ないが、ちょっと気になったので取り
     上げよう。
     彼は昨年10月、国連総会において「核兵器禁止条約」に向けた交渉をスタートさせた
     時点でこうツイートしている。

      核兵器禁止条約に日本が「反対」という信じられないニュースが流れました。
      いったいどうやってこの地球から無用な兵器を無くしていくつもりなのか? 
      核を持つ国に追従するだけで意見は無いのか。原爆だけでなく原発でも核
      の恐ろしさを体験したこの国はどこへ行こうとしているのか、何を発信したい
      のか。


     日本の芸能人が政治的発言するのはなかなか難しく、場合によってはタブーだ。
     ハリウッドは政治的発言は当たり前で、むしろ旗色を鮮明にしない方が問題かも
     しれない。渡辺氏はハリウッドスターでもあることからこのような発言は当然のこ
     とかもしれない。
     今回、核兵器禁止条約の交渉会議が始まったら、再び彼の発言は注目を集めた。
                                       ( 例えば LITERA

     そしたら今回の不倫報道だ。
     どうもお相手女性からのリークのようだが、先行取材はおそらく昨年、秋から始まっ
     ていただろう。このタイミングでの不倫報道はどうも匂うのであります。
     以前、「3.11」後、キクタクが少しばかり「脱原発」にふれる発言したら、速攻で2
     度もスピード違反を指摘された。
     「木村さん、(影響力があるという)お立場を考えた方がよろしいですよ」なんか脅か
     されたりして・・・・・・。
     渡辺 謙氏の場合は単なる偶然かもしれないが、どうもひっかかる。

     謙さん、不倫報道に負けるな、がんばれ渡辺 謙!  




    【野党は腰ぬけかタヌキか】

     さて、森友学園問題だ。
     何度もいうが、いい加減おちが見えてるのでだんだん興味が薄れてきた。
     森友問題がダメでも、第2、第3の「森友問題」があるや、さっさとそっちへ矛先を変え
     たらどうかなんて思い始めた。
     それにしてもいつものように野党第1党、民進党の攻勢は甘い。
     植草一秀氏も日刊ゲンダイのその点を指摘している。
     毎度おなじみの腰ぬけ野党かいなと思いつつ、フト疑問に思うのだ。
     官邸が「森友学園問題は幕引き」だと思ってくれた方がいいと野党は考えていないだ
     ろうか?内閣支持率もたいして下がらないし選挙ですべてチャラにしてしまえと思って
     くれたらシメタもの。選挙しないで内閣改造で逃げ切ってもうやむやのまま次のスキャ
     ンダルが浮かび上がった方が政権のダメージは大きいと考えていないだろうか?

     これはあまりに買いかぶり過ぎて単に腰ぬけ野党かもしれない。




    【トランプ!パリ協定離脱はトンデモか?】

     大統領就任前からトランプ氏のパリ協定からの撤退は公約とされていた。
     一時は撤退困難のような観測もながれたが、どうやら方向性は決まったようだ。

      スパイサー米大統領報道官は30日の記者会見で、トランプ政権が
      5月下旬までに地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」からの
      離脱を判断する見込みだと明らかにした。温室効果ガス排出量で
      中国に次ぐ世界2位の米国が離脱すれば、協定は骨抜きになる公
      算が大きい。
      報道官は、政権が協定内容の見直しを進めていると説明し、「先進7
      カ国(G7)首脳会議(サミット)が開かれる5月下旬までに(離脱の是
      非を)決める見通しだ」と語った。
      トランプ政権は、オバマ前政権が導入した温暖化対策の方針を転換。
      石炭や石油など化石燃料の生産や利用の抑制について見直しを命
      じる大統領令に署名し、こうした燃料を使う火力発電所からの二酸化
      炭素(CO 2)排出規制の撤廃に道を開いた。

                        ~ 時事ドットコムニュース ~


     世間的には「また、トランプ砲が」とか「トランプのトンデモが」とかいうことになるの
     でしょう。でも、そもそもアメリカはパリ協定に先立つ京都議定書の頃から批准を
     拒否していたことをお忘れなく。オバマになってからCO2地球温暖化に積極的と
     なったのであって元に戻るだけです。
     それに日本ではあんまり報道されませんが、トランプ政権はいまだ議会に承認さ
     れていない閣僚がいるのです。民主党もいい加減「負け」を認めて最低限の協力
     したらどうかと思うのです。トランプ政権は船出したものの、いつまでも港のあたり
     をうろちょろしているのです。だから大統領令ばかり出しているのです。
     このあたりをまともに報道したらだいぶ見方が変わってくると思います。
     民主党は何をやっているんだと。
     就任2ヶ月過ぎても閣僚の承認が終わらないなんて過去あったのでしょうか?
     たいへんな異常事態といるでしょう。
     そのうち内戦なるんじゃないかと思っていたら5月内戦勃発説があるようです。

     さて、そもそも私は温室効果ガス(≒CO)地球温暖化説はインチキだと終始くり
     返して述べてきて今も何ら変わりません。
     地球温暖化しているとしたらそれは太陽フレアが主要因と考えます。
     ここへきて太陽の黒点がなくなるという異常事態が起こっているようです。

      ■太陽が2週間も活動していない緊急事態

      英紙「Daily Mail」(3月22日付)によると、NASAの太陽観測衛星
      「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)」が太陽活動の
      停滞を観測。なんと、3月7日~22日の15日間連続で太陽黒点が
      ゼロだったというのだ!

      太陽黒点は太陽活動の指標とみられ、活動が極大化すると多く
      の黒点が出現し、極小化すると激減する。黒点の減少がすぐさま
      太陽活動の終焉を意味するわけではないが、「氷河期」が着々と
      近づいている証拠と科学者らは見ているようだ。

                           ~ TOCANA ~


     太陽の黒点がなくなるのは昨年6月あたりからのようです。
     温暖化どころか「小氷河期」が近づいていると考えられます。
     ベンさんからこれからは「地球寒冷化キャンペーン」が展開されると聞かされた
     のはだいぶ前でした。これもキャンペーンなのでしょうか?
     CO2地球温暖化論者はこういっているでしょう(爆)。

      こりゃ大変だ!いや、好都合だ!

     都合よく太陽の黒点が消えてくれて「CO2地球温暖化のウソ」がばれずにラッ
     キーとかね(笑い)。
     そもそも環境派と原発推進派の共同謀議が「CO2地球温暖化」だったのです。
     原発はCO2を出さないクリーンなエネルギーとか言ってね。
     「3.11」でこの建てつけは崩壊してしまいました。
     世界レベルで脱原発するのですからもうウソはやめましょう。

     それにね、仮にCO2で地球が温暖化するとしたら、太陽黒点消滅による地球
     寒冷化阻止のためにみんなでガンガンCO2出さないといけません(爆)。
 
     いよいよ面白いことになってきましたね。

     








政治 | コメント:0 |

そもそも再稼働は裁判所が決めることなのか?

     



     世間的には「籠池劇場」が好評上演中のようだが、もう私(わたし)的にはどうでもよく
    なった。真相は解明されない、でも、誰かが詰め腹切らされるのだ。
     トカゲの尻尾切り?そんなことはない、安倍内閣崩壊で幕は下りる。カーテンコールは
    ない。
     「床屋政談」とかいうが、昨今は「お茶の間政談」もしくは「ネット政談」だ。
     「ネット政談」ならまだいいが、「お茶の間政談」なら徹底的に「政治ショー」に仕立てあ
    げられ、矮小化されまんまと政府・自民党の思惑どおりになっている。
     
     もう落ちのみえる三文芝居よりこちらの方に注目したい。
  
      高浜原発再稼働、大阪高裁認める 仮処分覆り関電1年ぶり運転手続きへ

      関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた昨年3月の大津
      地裁の仮処分決定を不服とし、関電が申し立てた抗告審で、大阪高裁(山下郁夫
      裁判長)は28日、再稼働を認める決定を出した。大津地裁決定から1年以上、法的
      に運転できない状態だった2基について、関電は早期に再稼働への手続きを進め
      るとみられる。

                           ~ YAHOO ニュース 福井新聞 ~


     原発差し止めの仮処分に対する判断であることから大阪高裁が判決下しただけだ。
     だいたい、裁判官に科学的知見があるのだろうか?
     それ故、専門家である原子力規制委員会が設けた新しい規制基準に適合するか合理
    的か否か、各原発で住民、行政・電力会社で争われている。
     でもね、我々が「3.11」で得た最大の教訓は大地震の場合、専門家の意見などあて
    にならないということだ。「想定外、想定外」とか言っちゃってね。
     どうせ、官僚、経済界、学者の「原発ムラ」は再稼働したいに決まっている。
     原発止めるなんて英断は政治家にしか出来ない。
     それに原発は産業、科学の問題というより高度に政治的な課題だといえよう。

     福井県の高浜原発というと、関東に住む我々には遠い世界というのが正直なところだ
    ろう。静岡県の浜岡原発というと実は高浜原発より実は深刻なのだ。なぜなら、東海大
    地震の震源域の真上といってもいいくらいに近接して立地しているのだから。
     浜岡原発の危険性を指摘する学者、ジャーナリストは少なからずいるが、どうも建設当
    初よりその危険性は指摘されていた。

      浜岡原発建設に携わった技術者が危険を指摘している。
      にもかかわらず、やめようとしない。この意味は何なのかを日本人は従来あまり
      考えてこなかった、答えは冒頭で触れたように、別に地震を甘く見ているのでは
      なく、はなから危険を承知でやっているとのことである。国民の安全よりも優先
      される事柄が、日本には厳然と存在するからにほかならない。

              ~ 高橋五郎 小池壮彦 著 真説 ニッポンの正体 ~
  
      

     そんなバカなと思われるだろう。
     「国民の安全よりも優先される事柄」とは何なのか?

      最初から説明しよう。1960年代に、日本政府はアメリカからの自立を目指し、
      隠密裏に西ドイツと組んで自前の核武装を画策したことがある。当時の佐藤内
      閣は、東海村の原子力発電所で核武装用のプルトニウム抽出を実験させた。

             (中略)

      当時日本はすでに原子力技術を導入し、いつでも核兵器を造れる状況にあった。
      中国への対抗上、核兵器保有の大義名分もあった。そこで佐藤栄作は、核武装
      の正当性をちらつかせながらアメリカと交渉したが、アメリカは日本の軍事的自立
      を許す気はない。ただ、日本の技術力は欲しかった。

                            ~ 引用 同上 ~


     原発開発と核開発はセットであるとよく指摘される。
     第2次世界大戦の戦勝国、米、ソ連、英、仏、中の5ヶ国のみに核兵器を認めたNP
    T(核拡散防止条約)を日本はとりあえず批准したが、この条約からの脱退(すなわち、
    日本核武装)に含みを持たせ、NPT条約第10条で発行後25年という有効期限を規定
    していた。
                      
      そのため、日本外務省は対外的に次のように説明した。
  
       「万一、わが国がこの条約締結国となった後、日米安全保障条約が破棄
       されるなどわが国の安全が危うくなった場合には条約第十条により脱退
       し得ることは当然であります。」

            (中略)

       つまり、将来的な“ 日本の軍事的自立 ” を日本政府は念頭に置いていた
       わけで、決して対米従属一辺倒ではなかったのである。

                             ~ 引用 同上 ~
 
      
     自民党は憲法改正が党是だが、原子力の平和利用という美名に隠された核兵器開発
    が悲願なのだろう。自民党のみならず自衛隊、経済界も同様か。
     自衛隊、東電、三菱重工にある部品を組み建てれば2ヶ月で核武装可能と石原慎太
    郎氏がTVで暴露しちゃいました。
     それは大いなる犠牲を伴って今日を向かえているのです。 

       アメリカは、日本に原子力技術を供与するにあたり、大地震による原発事故
        のリスクを人質に取った。そして、正力たちはその要求を呑んだのである。
        国民の生命と財産を売ったことになる。これは明白な事実である。

                             ~ 引用 同上 ~


原発地図


     
     「3.11」後も神妙にしていたのは一時で、またぞろ原発再稼働となるのは核開発のた
    めには原発の安全性など二の次なのだ。「国民の安全よりも優先される事柄」とはこの
    ことだ。
     いまだに核兵器開発に執念を燃やしているのだから、先日の核兵器禁止条約の交渉
    不参加なのも至極、当然だろう。

     私の身の回りには「日本核武装論者」が少なくない。
     若い人に多いようだ。
     今から日本が核武装することは、菅野 完氏が「日本会議」の田久保忠衛を90年代の
    日米同盟、世界情勢把握のまま止まっている評していることとパラレルだ。
     つまり、「時代遅れ」ということだ。
     ロシアがアメリカの軍事兵器(核も含む)をフリーズさせるEMP(電磁波)兵器開発し
    て、それをブロックするバリアを日本が開発中(した?)というのだから。
     さらにスノーデンが日本の電源を含むインフラにマルウェア仕掛けたのだから、これが
    EMP、EPMバスターを凌駕して最強と言えよう。
     今だ、核兵器こそ最強最終兵器と思っていることがアナクロニズムだ。
     さらに、60年代の日本核武装論は「日本の軍事的自立」を目指し 、「日米安全保障
    条約が破棄される」事態を想定したものだが、日本のインフラに仕掛けられたマルウェ
    アは日本が安保を破棄しようものなら作動することになっている。もはや核武装しても
    日本は軍事的自立など図れないほどがっちりと頸木(くびき)を嵌められてしまったの
    だ。
     トランプ(キッシンジャー)は日本核武装容認論を展開するが、これこそ彼らの思うつぼ
    である。再び日本はアジアで孤立するだろう。
     何が何でも「日本核武装」の夢が捨てきれない人達がいる限り、脱原発など夢の夢
    ではないかと思えてくる。
     果たしてそうだろうか?
     いくら日本の原発ムラがふんばっても世界は脱原発で動いている。
     300人委員会のメンバーからロックフェラーとロスチャイルドは外されるという。
     これは何を物語っているか、よ~く考えてみる必要がある。
     もちろん、金融における大転換が考えられるが、もう一つ意味があるのだ。
     原発ビジネスの総元締め、フランス、ロスチャイルド家当主、デヴィッド・ド・ロスチャイ
    ルドを300人委員会から外さないと世界レベルの脱原発などとても出来ないと思うの
    であります。

     今年も4分の1(3ヶ月)が終わろうとしている。
     トランプは当選当時期待したほどには「革命」を遂行できていない。
     物事捗々しくないが、脱原発は必ず実現すると私は考える。
     それを承知しているからこそ小泉元首相は「脱原発」のスタンスなのだ。
     「脱原発」も利権があるからね(苦笑い)。
     繰り返すが脱原発は裁判所が決めるのではなく国民が願うことだ。
     
     そして何より政治家が決断して舵切らないと出来ないことだ。






     


政治 | コメント:0 |

「 籠池理事長証人喚問劇場 」の茶番

    

    昨日は籠池に振り回されてしまいました。
    午前の参議院の証人喚問からメモ取りながらTVの前にかじりついておりました。
    「籠池のおちゃん、だいぶ緊張してはる」・・・これは演技ではなく、まあ~、彼もだいぶ
   追いつめられているのだろう。
    午前が終わり、ワイドショー観ながらメモ取り損ねた部分を確認しているうちに午後の
   衆議院での喚問が始まりました。
    「驚愕の」とか「衝撃の」とか形容されますが、籠池夫人と安倍夫人のメールのやりとり
   とか、昭恵夫人つき秘書の財務省への照会がそんなに決定的証拠となりうるのか?
    安倍首相の「私も妻も国有地取得や学校認可に一切関わってないない」発言と齟齬・矛
   盾する程度ではないかな。―― もっともこれが政権にとっては命とりになりかねないのだ
   が。なんたってこれらに関わっていたら総理も議員も辞めると言っちゃたんだから。
    バカだねぇ~!安倍ちゃんは。
    
    それにしても籠池証言は今イチだと思ったのは私だけでしょうか?
    しょうがない、何とかまとめて記事にするかと思っていたら・・・。
    なになに外国人特派員協会で記者会見やるって!
    これもネットで動画みて気づいたら8時をとうにまわっていました。
    国会では今イチでもこちらでは爆弾発言の一つや二つと思っていたのですがそれもな
   く、外国人記者の質問も甘い!
    それにしてもやっぱりこの籠池なる人物は喰わせもののおっちゃんだ。
    国会では神妙だったが、外国人特派員協会ではエンジンがかかって言いたい放題。
    そんなこんなで何となく急にやる気が失せ、明日にしようということになってしまいま
   した(苦笑い)。

    今日になってもTV各局は「籠池劇場」の連続公演だ。
    また、このおっちゃんに振り回されるのかいなと思ったら嫌気がさしてきた。
    どうも「こうなったらすべてぶちまけたる!」というのは籠池のポーズのようですよ。

     森友事件は終わった。誰も捕まらない。安倍政権が倒れて、昭恵と逃げる、
     だけのことだ。


      籠池は、すでに、うしろから自民党とすでに話が、大きく出来ている。
      「あんたを刑事起訴(捕まる)されないようにして、うまく済ますから。
      自分の身を守りなさい 」となっている。籠池は、自民党ともう繋(つな)がっている。
      だから大きなお金が動いた、大きな真実は話さない。
      籠池との間(あいだ)に立つ「日本会議」の大幹部たちはたくさんいる。
      籠池は、この男たちに、「あとあとのことは、よろしゅう頼んます」と、数日前(3月18
      日頃)に言ったろう。

             (中略)

      藤原工業(小学校を建設中)と三栄建設(汚染土壌の除去工事)が中心で、
      「スキーム」を実行した。 「スキーム(計画表)」とは、15億円、ということになって
      いる小学校の建築費が、実際は、半分の7.5億円で建つ。残りの7.5億円を、
      安倍晋三以下で、政治家と官僚たちが分け合ったのだ。 これが、生(なま)の
      政治だ。

             (中略)


      これと同じことをやっただろう。だから、安倍晋三が、4億円を受け取ったはずだ。
      残りを、迫田(現、国税庁長官)と美並と大阪航空局(公明党)の誰々、とで、現金
      を分け合った。

                          ~ 副島隆彦 重たい掲示板 ~

         

    「何となく・・・」はだいたい正しいのです。
    「何となく急にやる気が失せ」なんて随分と怠慢のようですが正解だったのです。
    昨日、記事UPしなくてよかった。
    どうやらこの証人喚問とんだ茶番だったのです。
    茶番ではなく額面どおり籠池氏が「すべてぶちまけたる」とするとこうなるのです。

      「私は、本当のことを話します。私は、21億円の土地と小学校をタダで貰えるはず
      でしたが、もう、何もありません。 あとは、逮捕されて牢屋(刑務所)に入るだけ
      です。安倍晋三首相たちは、皆で、10億円近くの金を、業者たちも含めて、分け
      合いました。私は、その計画を知っています。それが、全体の計画です」

                            ~ 引用 同上 ~


     国会での証人喚問で籠池氏は、「8億円の値引き」について「ずいぶんと安くなるなと
    びっくりした」と述べていました。はて?私は間違ったかなと思いましたが、そんなことは
    なかったのです。彼は大幅減額になることを最初から知っていたのだ。
    
      この2015年9月よりも、翌年2016年の3月と、6月の方が、重要なのだ。
      この3月●日に、籠池は、近畿財務局に突然、呼び出されて、そこには土建屋
      たちが一堂に集まっていた。「あんたが借りている国の土地(小学校をすでに建設
      中)から、新たに生活ゴミ(ではない。危険な産業廃棄物、産廃=さんぱい=だ、
      とした)が見つかったで」と、言われた。「はーはー、そうですか」と、籠池は、そこに
      集まっていた、建設会社の幹部たちの言われるままに、「それなら、国に、その分
      の撤去費用の、減額を、お願いせな、あかんよ、なあ籠池君」と、いうよ案配(あん
      ばい)だ。ここで金の受け渡しも決行された。 その3ヶ月後の6月に、籠池は、
      正式に国との売買契約(国有地の払い下げ、受け取り)をした。登記簿の移転登
      記・保存登記も完了した。

              (中略)

      それ以外に、大阪府から、6200万円、それ以外にも、5千万円、なんの、かんのと、
      小学校の建築費としての、7.4億円の金は全額、貰える、集まるように仕立てられて
      いた。籠池は、「幼稚園児に愛国教育をやってきた、偉いやっちゃ」のご褒美(ほうび)
      で、国有地14億円と7億円の建築費の、合計21億円をタダでもらえる、というのが
      スキームの半分だ。

                                   ~ 引用 同上 ~


     私が過去記事「ドス黒い欲望の埋まった土地に建てられた小学校」で書いたこととおお
    よそ同じだ。

      籠池理事長は私のようにゴミが大量に埋設されていると撤去費用を控除して
      格安で国有地を買えることを承知していたのです。   

       「理事長、あの土地、ぎょうさんゴミが埋まってますのや」
       「それほんまか?そりゃ買わな損やがな」

      なんて会話が目に浮かぶ。

     日本の政治など今も昔もこんなものという諦観にも似た苦々しさを副島氏は滲ませて
    いる。そればかりかもう少し鳥瞰して「東アジアの政治が」と言いたいようだ。 

      ここが、アメリカのトランプたちの出現とは、根本からちがう。日本人は、韓国人と全く
      おなじ程度の、惨(みじ)めで、情けない、本当の知恵のない哀(あわ)れな国民だ。
      指導者たちが、能力が低くて質が悪すぎる。

                                    ~ 引用 同上 

     
     中国が抜けているじゃないかと言いたいがほぼ同感であります。
     昔から「政治家の悪口言ってもしょうがない。国民のレベルに合わせた政治家しか
    出てこないのだから」と言われる。
     この辺りは一見、この事件と無関係のようで

      「『 3.11 』 から6年、高速増殖炉と日本会議」

      「『1ドル50円時代を生き抜く日本経済』 を読み直す。 中編」

     で述べてきたことに通じる。
     さらに、「世界の大転換」のこの時期、これらはもっと大きな意味を持つのだが、それに
    ついては別稿にしよう。

     さはさりながら、副島氏はどうあがいても安倍政権は4月中に終わると断言する。
    
     まさかの追い込まれ解散か、内閣総辞職か、いずれにせよ安倍内閣は終わる。
     以前も安倍政権のカウントダウンは始まっていると述べたが、いよいよ秒読み段階
    だろう。
     それとも予想に反して安倍ちゃん、徹底抗戦か。
     それならそれでいい。原田武夫氏曰くの「容赦ない」を見てみたいものだ。

       「今、辞任されないと、大変なことになります。容赦ないのです、
       上部構造は。これが本当に『 最終警告』となるでしょう。」

     それじゃ、次は誰かって?
     麻生太郎氏だろう。
     世界はもう「麻生首相」で動いているとか。
     でも、これって「いつか来た道」じゃないですか

      安倍政権 ⇒ 福田政権 ⇒ 麻生政権
     
     以前は麻生政権の次はどうなったんでしたっけ?

     もう民進党には全く期待していないが、再び自民党が下野する日は迫っている。









政治 | コメント:0 |

沖縄の珊瑚礁を殺したのは誰だ?

    



    政治というのはつまるところ、人間の愚かさの産物ではないかと思うのです。
    たまさか真っ当な政治が行われたとしても、それまでが酷過ぎたのであって少しはまし
   に世の中に治まっただけのことかもしれない。
    籠池証人喚問、共謀罪を前にして「珊瑚がどうのじゃねえだろ」とお思いかもしれません
   が、そうそう見当違いではないのでおつき合いください。

    BSで「水中散歩」とか言って珊瑚礁を気持ち良さそうに泳ぐ熱帯魚や海亀、イルカなど
   と観るにつけ冒頭のような思いを深くする。
    彼らには生態系や生存競争があるだけで「政治」はないもの。




    昨日、TBS「朝チャン」を観ていたら、どうも沖縄の珊瑚がヤバイらしい。
    これは昨年、とっくにニュースとなった件だが、沖縄の人、スクーバダイビングやっている
   人にはその前からの関心事だったのだ。
  
      台風来ない沖縄、サンゴ白化が深刻 「このまま高水温続くと死滅」

      沖縄県先島諸島海域で6~8月の平均海面水温が観測史上最高値30・1度と
      高い状態が続き、石西礁湖(せきせいしょうこ)と同様に西表島西側でも大規模
      なサンゴの白化が進んでいる。

                 (中略)

      西表島で約35年ダイビングガイドをする矢野維幾(これちか)さん(62)は「8月
      に入って白化が加速した。このまま海水温が高い状態だと、9月中旬には現在
      白化しているサンゴの多くは死んでしまう。台風が来ない限り、危機的状態は
      変わらない」と話す。

      海面の温かい水と、深い場所にある冷たい水をかき混ぜる台風は今年、
      先島諸島を通過していない。


      サンゴ礁の保全管理に取り組む日本サンゴ礁学会サンゴ礁保全委員会の中野
      義勝委員長は「夏から秋に季節が変わり、水温が少しずつ低下すると、サンゴ
      は回復期に入る」と話し「県内各地のミドリイシ類8割が死んだ1998年の大規
      模白化の時とは違い、局地的な状況とみている。しかし海水温が下がらなければ、
      予想以上の被害になる可能性が高い」と指摘する。

      被害の全容が分かるのは、11月ごろだという。

                                   ~ 沖縄タイムス ~ 
   

    これは昨年9月のニュースだが、結果、どうなったかというと。

      沖縄の国内最大サンゴ礁…97%白化、56%死滅 海水温の高い状態続き

      沖縄県の石垣島と西表島の間にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖」で起きている
      大規模な白化現象で、少なくとも一部白化したサンゴが97%に達し、死滅している
      ものが56%に上ることが、環境省の調査で分かった。海水温の高い状態が続き、
      サンゴの中に生息して栄養を補給している褐虫藻が失われたことが原因とみられる
      という。 

                                    ~ 産経ニュース ~


沖縄珊瑚
                 沖 縄 の 珊 瑚

珊瑚死滅
                 白化してまった沖縄の珊瑚   - 出典 Ocan α ―
                                      撮影 岡田裕介

    珊瑚が白化・死滅する理由はいくつかあるようだが、海水温は大きな要素だという。
    「沖縄タイムス」では温かい水と冷たい水をかき混ぜる台風が来ていないと警鐘を
   鳴らしている。
    「朝チャン」でも気象予報士が昨年は台風が沖縄を通過しなかったことから海水温が冷却
   されなかったことが大きいと解説した。さらに「地球温暖化によって年々、海水温の上昇が
   ・・・・」とか言っていた。ん~ん、ちょっと待ってくれよ。
    この番組でも取り上げていたが、昨年の台風10号は前代未聞のUターン台風だぞ。



    さすがに誰もが「こりゃおかしい!」と思ったはずだ。
    我々は気象兵器を承知していることから随分派手にやりますなと呆れていた。
    てっきり、東北、福島原発を狙っているのかと思っていたのだが・・・・。
    それだけではなかったのだ、この進路を見ると沖縄の珊瑚を死滅させたかったんじゃ
   ないか。
    沖縄の珊瑚が死滅するとインパクト大きい。
    「やっぱり地球温暖化を止めないといけない。海水温が上がって珊瑚が全滅してしまう
   もの!」なんて声があちらこちらから上がるようになるのだ。
    違うよ!こんだけ毎年台風の進路変えたり、巨大化させていれば電磁波で海水温が上
   がるに決まっているじゃないか。
    一体、誰だ、沖縄の珊瑚殺したのは?

    それに珊瑚が死ぬのは海水温の上昇だけではない。
    例によってcall&response。

      モンサント社のグリホサート(除草剤)が海の植物性プランクトンを枯らしています。
      GMO遺伝子組み換え農作物の問題がこのような問題に発展するとは思ってもみ
      ませんでした。

      グリホサート(Round Up)は陸だけでなく海にも大きな影響を及ぼしています。
      海の生き物が死滅しつつある原因は福島原発なんかではありません。
      また、サンゴ礁が枯れているのは地球温暖化のせいでもありません。
      モンサント社のグリホサートが原因なのです。
      モンサント社は自然界を破壊しています。グリホサートを使い続け、あと数年で
      海の生き物もミツバチも死滅してしまうということなら、もうどうしょうもありません。
 
                                  By Jim Stone
                         
                        ~  日本や世界や宇宙の動向 ~



     珊瑚を始め、海の生物は自然現象で死滅してしまうわけではありません。
     まして「私たち、人間ひとりひとりが生活するうえで自然の生態系を破壊してしまい・・・」
    などという言説はまんまと責任転嫁させられているのです。
     誰かが意図的に殺しているのです。

     ご存知のようにデビッド・ロックフェラーがようやく死にました。
     1~2ヶ月以上前から彼の死亡説は流れていて、「死亡」と発表する段階となったと言った
    方が正確なのかもしれません。
     これは世の中の大きな変化の徴(しるし)です。
     デヴィッド・ロックフェラーが気象兵器に関わっていたかどうかは知りませんが、やがて気
    象兵器、モンサントのことが日本でももっとおおっぴらになるでしょう。
     
     貴重な観光資源である珊瑚を殺されたのだから沖縄の人は、是非、“ 犯人 ”を特定した
    らいいと思います。







    
科学 | コメント:0 |

森友学園事件!シンプルなこと、想像を超えること。

  


  
    森友学園事件は、野党視察団が現地視察してから急展開した。
    安倍首相が100万円を昭恵夫人を介して森友学園に寄付したと籠池氏が発言し、これ
   を安倍首相が否定したが、菅野 完氏が「安倍晋三」を書かれた上に修正テープを貼って
   「(学)森友学園」を書き換えて郵便局に収めた控えをネットに公開した。
    参考人招致すら拒んでいた自民党国対・竹下氏が籠池氏の証人喚問に合意した。
    今後もいろいろ情報、駆け引きあろうが、23日の籠池氏証人喚問が最大のヤマ場とな
   ろう。この事件を巡る実にシンプルなこと、想像を超えることを書き連ねておこう。

    ◎ この事件、誰の疑獄かというと、安倍首相、迫田前理財局局長、松井大阪府知事
      の疑獄だといえる。「森友学園寄付にすら関与していない」と言いきった安倍首相
      が100万円寄付していたとする証拠が出てきた。これは実にシンプルなのだが、
      問題はこの100万円に対して籠池氏が「そのようなものをいただいたということは、
      心と心が一緒だったというふうに認識した」と発言したことには想像力が必要だ。
      
      故・大橋巨泉氏は「安倍晋三の野望は恐ろしい」と遺言めかしたことを言っていた。
      彼はマルチタレントだが、元々は競馬記事(予想)から始まった。
      私は巨泉氏の予想屋としての直観を信じていた。
      多くの人が「まさかそこまで」と思っているレベルまでやるつもりだったのだと思う。
      安倍晋三という男は。

       日本会議の後押しを受けながら「軍国小学校」のモデルケースを成功させて、
       全国に拡大することを計画していたんだろうね。

                             ~ カレイドスコープ ~


      そのための「瑞穂の國記念 小學院」だと私(籠池)は承知して安倍首相に協力した 
      つもりだったから100万円の寄付に対して「心と心が一緒だったというふうに認識し
      た」のに~。チクショー!俺だけ刑務所ブチ込まれてたまるか~!
      
      そういうことだったのだろうね。




    ◎ 菅野 完氏曰く、「稲田防衛相の父、椿原泰夫を調べれば在特会とか日本会議と
      かみんな彼を介して稲田朋美につながり、政権の基盤を揺るがしかねない」
      関西保守など申し訳ないが、興味ないので詳細は知らないが、その通りなら安倍
      ちゃんが稲田を重用したのは単にお気に入りなだけでなく父親の存在があったの
      だと腑に落ちる。彼がどれほど日本会議と関係していたかは把握していないが、
      日本会議といえば、「生長の家」の影響は無視できない。
      もっとも現在の「生長の家」は現実路線に踏み出していて「生長の家」原理主義と
      いうべき日本会議には批判的だ。
      日本会議が「保守」にあたるかどうかは疑問だが、「保守」には宗教右派という一
      派が存在する。アメリカの保守政党における宗教右派と言うと福音派だ。
      アメリカ政治思想史を書こうと思って何度もとん挫したが、この際、少しふれておこ
      う。アメリカの「保守」はそもそもそんなに古いものではない。アメリカの保守思想
      の原点は1953年、ラッセル・カークの「保守主義の精神」に求められるという。
      いくら歴史の浅い国でも建国200年と超えるのだから昔からリバータリアンとか
      宗教右派(昔は福音派ではなくキリスト教根本主義だったかもしれない)は存在
      したが、ラッセル・カークを経て保守大団結の本格的保守政権は1981年、レーガ
      ン政権の誕生まで待たなければならない。
      55年(昭和30年)に自由党と民主党の保守大合同の結果、生まれた自民党の方
      がアメリカ共和党より先を行っていたのではないかと思えてくる。かつての自民党が
      保守政党だったかというと、そうも言いきれず、「保守」から「リベラル」まで揃った政
      党だった。それが何で稲田朋美を防衛相にしてしまうほど劣化・堕落したのだ。
      そんなことはない?この一節を読んだ際、ズバリだと思ったのです。

       「保守主義の精神」によってアメリカ論壇ははじめてリベラリズムに対抗する
       ための足場を見出すことができた。冷戦の真っただ中にあって、共産主義と
       境目に曖昧な進歩主義や、ただの反共主義と市場万能主義でしかない脆弱
       な保守主義では、思想的基盤となりえなかったのだ。

                ~ 会田弘継 著 「トランプ現象とアメリカ保守思想」 ~

  
      「反共主義と市場万能主義でしかない脆弱な保守主義」とは、現在の日本の自称
      「保守」以外の何ものでもないではないか。「反共」ではない?都合悪くなるとすぐ
      「左翼・・・」と言って済ませるのだからその思想回路は「反共」と同じだ。
      つまり、55年の保守大合同から大幅に劣化・退化したのが、現在の自民党及び
      その周辺といえると思う。 
      その周辺の大きな一つは、もちろん日本会議だ。(随分とまわり道したが、ようやく
      本筋に戻ってきた)福音派が多数いるわけではないだろうが、一応、世界の3大宗教
      キリスト教の一団体だ。片や日本会議の場合、神道ですらなく「生長の家」でしかな
      い。(神社本庁も関連団体だが、中心的存在ではない)谷口雅春がどれだけのカリス
      マだったか知らないが、申し訳ないが「生長の家」など世界はもとより日本でもマイナ
      ーな宗教でしかない。それなのに「日本会議」がなぜかくも勢力を伸ばしたのか?
      その答えを私は承知しているが、敢えて書かない。
      これから先、森友事件、及び次の安倍スキャンダルが追求され世間を騒がす度にじ
      わじわと嫌がうえでもその“ 御本尊 ”が姿を表すだろう。

      それはさらに続く安倍スキャンダル、自民党スキャンダルが想像を超える結末を向か
     えるということです。



   PS.例によって噂をすればcall&response。

       安倍晋三首相は、「北朝鮮武力攻撃」を決め、「瑞穂の國記念小學院」をモデルに、
       「軍国主義教育」を進めようとしていた。



 



政治 | コメント:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>